ママたちが実際にやってみた!防災や備えの検証まとめ

あとで読む
検証まとめアイキャッチ

災害の多い日本。近年は特に、地震だけでなく大雨による水害なども増えています。
防災に関する情報も巷に沢山あふれています。

正しい知識はすぐ手に入る、でも「知っている」だけで大丈夫…?
もし明日にでもライフラインがストップするような事態になったら…?

現実に災害が起こったら、”知識”だけでは右往左往してしまいそう。
そこで、いつもしも編集部では、可能な限り「実際にやってみよう!」と考えました。

非常食の試食や防災リュックの中身、ローリングストックの実践etc…
ママたちが「やってみた」からこそわかったことを、リアルなレポートで紹介していきます!

アルファ米ってどんな味? 非常食ごはんを食べ比べてみた

非常食を食べてみた

防災リュックに非常食は入っているけれど、実際に食べたことがあるという人は少ないのではないでしょうか。
「いつもしも」のスタッフでも、食べたことがない人の方が多数でした。

せっかく備えても、使わないまま賞味期限が切れて処分していると、なかなか食べる機会がないですよね。
でも、実際に作って食べてみないとわからないことは沢山あります。

before→食べる前の疑問や不安

 

そもそもアルファ米って美味しいの…?
味にうるさい夫や子どもでも食べられるかな?

非常食のごはんだけでも、アルファ米フリーズドライ米など種類も味もさまざま。白いご飯から味付きのもの、炊き込みご飯、おにぎりタイプまでバリエーション豊富です。

殆どのものが水かお湯で調理できますが、どちらで作るかによって味や食感も変わってきます。

after→食べてみてわかったこと

  • アルファ米とフリーズドライ米では、調理時間が異なる
  • 水で作るのとお湯で作るのとでは、味も食感も香り(意外と重要)も変わる
  • おにぎりにする、ちょい足しなどで食べ慣れた味にアレンジすると◎

味の好み以前に、基本的な前提条件だけでも、作ってみて改めて知ることも。
同じ炊き込みごはんでも、そのまま食べるのとおにぎりにするのとでは、また違って感じられたりと、味覚がこんなにも繊細なものとは思いませんでした。(※個人差はあります)

非常食ごはんは買うだけでなく、食べてみることをおすすめします!

いざというときに上手く作れなかったり、口に合わず食べられないといった余計なストレスを避けるため、一度は作って試食したうえで、自分や家族の好みに合ったものを揃えておきましょう。

▼興味を持ったらこちらの記事へ!▼

もっと読む
非常食ご飯アイキャッチ
非常食ご飯は食べてみないとダメ!自分にピッタリな味を知っておこう

非常食になるアルファ米やフリーズドライ米、ストックしていますか? 水を注ぐだけでご飯が食べられる手軽さと、長期保存が可能な点が特に魅力的で、非常用備蓄の”とりあえず買い”ランキングでは必ず上位に入るで ...

続きを見る

持ち歩き防災グッズをいつものバッグに入れてみた

防災ポーチ持ち歩いてみた

災害は家にいるときに起こるとは限りません。
外出先で被災したときの備えとして、最低限の防災グッズは持ち歩くようにすると安心です。
いつもしもでは、0次の備えと呼んでいます。

持ち歩きの防災グッズといっても、難しく考える必要はありません。
女性のバッグ、特に小さな子どものいるママのバッグ(いわゆるママバッグ)は、もともと外出先で困らないように備えられているはず。

いつもの持ち物に防災を意識したグッズを追加するだけで、立派な0次の備えになります。

before→持ち歩く前の疑問や不安

 

荷物はなるべく減らしたい。でも外出先で被災したら途方に暮れそう…
あれもこれも入れて、重くて持てなくなったら意味がないよね

ただでさえ、ママバッグは重たくなりがちです。
0次の備えは新しく備えるというよりも、いつもの持ち歩きグッズを少しだけ変えたり足したりすることで、災害時にも対応できる備えにバージョンアップしてみましょう。

after→持ち歩いてみてわかったこと

  • 可能なものはアプリで代用することでコンパクトにできる
  • 軽い素材のポーチやバッグ、ミニサイズのアイテムを選ぶことで軽量化
  • ひと通り揃えれば外出先で被災しても何とかなるという安心感は大きい

帰宅支援マップやハザードマップなどの防災情報、母子手帳やお薬手帳、ラジオや防犯ブザーまで、アプリで代用できるものは意外と多いです。
スマホに必携のモバイルバッテリーもより薄くて軽量のものへと進化しているので、工夫次第でまだ減らせる余地はありました。

少し重くなったけど、これで何があっても大丈夫!と思えてスッキリしました♡

他の人のバッグの中身って気になりますよね(笑)
いつもしもメンバーも普段持ち歩いているものを(抜き打ちで!)見せ合ったことで、刺激を受けて持ち物やアプリを見直したスタッフもいました。

いつもの持ち物をアップデートすることで、日常の延長で防災を意識した備えになりますよ。

▼興味を持ったらこちらの記事へ!▼

もっと読む
女性と持ち歩きバッグ
いつものバッグに入れてみた!女性向け持ち歩き防災グッズ

外出中に被災した時に活躍する、持ち歩き用の防災グッズ、通称「0次の備え」。 この記事では、 ほかの人は普段どんなものを持ち歩いてるか知りたい! 必要なグッズを揃えたとして、現実的に持ち歩けるの? とい ...

続きを見る

子連れで避難!防災リュックを詰めて背負ってみた

防災リュック背負ってみた

いつも持ち歩くバッグが0次の備えなら、非常時に持ち出す防災リュックは1次の備えです。
いつもしもでは、基本の防災リュックに

  1. 身に着けるもの
  2. 季節袋(季節に合わせたグッズ)

をプラスする備えをおすすめしています。

リュックに入れる防災グッズのリストを見ると、結構ボリュームがありそうです。それに加えて季節袋も必要。さらにパパやママは子どもの分もある程度持つ必要があるので、子どもの年齢や人数によっても左右されます。

でも、防災リュックに入れるべき防災グッズの具体的な量はどれくらいなのか、主にママが非常時に背負って逃げることができるのか、試してみたことはありますか?

before→詰める前の疑問や不安

 

我が家は子ども2人の4人家族。防災リュックに入りきるかな?
リュックがあまりに重いと、肩が痛くなったり歩けなくなりそう…

防災リュックの中身もさることながら、リュック自体も容量や形が異なります。同じ量を入れてみてどのくらい余裕があるのか、背負ってみたときの重さの感じ方なども比べてみたい。

そこで、いつもしもでは実際に容量の異なる3種類のリュックにおすすめの防災グッズを入れて比較・検証してみました。

after→詰めて背負ってみてわかったこと

  • 容量は25~30L、太めの肩紐とチェストベルト付きリュックがおすすめ
  • リュックの中身は必要なものは減らさずに工夫で2kgほど軽量化できる
  • 子どもの年齢(抱っこが必要かどうか)で持てるリュックの重さは変わる
  • 重さと中身のバランスが◎! ママにおすすめの重さは7~7.5kg

14L、20L、35Lのリュックにそれぞれ詰めてみたところ、用意したものが入りきらなかったリュックもありました。また、全部入っても背負ってみたら肩紐が食い込んで痛い…ということも。

リュックに加えて季節袋も必要になったり、子どもを抱っこしなければならないことを考えると、必要なものは揃いつつも重すぎないことが理想です。そんなママにおすすめの防災リュックと中身を追求しました。

▼興味を持ったらこちらの記事へ!▼

もっと読む
荷物用の量り
子連れ避難に最適な防災グッズとは?リュックに詰めて背負ってみた

非常時に持ち出す防災グッズといえば「1次の備え」。 この記事では、 防災グッズ、実際どのくらいの量と重さ? 本当に非常時に持って避難できるの? 子連れで避難するためのグッズの量って? といった「1次の ...

続きを見る

備蓄は苦手だけどローリングストックに挑戦してみた

ローリングストックやってみた

災害時のために備えっぱなしにするのではなく、普段も使いながら備えていくローリングストックが注目されています。
最近では、新型コロナウィルスによる影響で一部の日用品や食料品の買い占めなども起こりました。
必要なものがすぐ手に入る日常のありがたさを感じるとともに、いつもの生活の中で備えておくことの重要性を認識した人も多いのではないでしょうか。

災害や買い占めだけでなく、家庭内パンデミックのような事態に備えるためにも、日頃からローリングストックを習慣にするのがおすすめです。

before→ローリングストック前の疑問や不安

 

周りが買い占めてると、焦って必要ないものまで買っちゃいそう
インフルエンザでダウン。夫は料理ができないしストックもなくて困った!

いざローリングストックしようと思うと、まず何をどれだけ揃えればいいの?という疑問が湧いてきます。
備蓄やストックの習慣がない某いつもしもスタッフもそうでした。

が、奇しくも自分自身がインフルエンザに罹って困った経験をきっかけに、人生初のローリングストックに挑戦!
大人2人子ども2人の4人家族に必要な1週間分の水と食料を調べるところから始めました。

after→ローリングストックを実践してみてわかったこと

  • 備蓄食料だけを使った献立も考えると足りないものが見えてくる
  • 不足しがちな野菜は汁物に入れたり、常温保存できるパウチを活用
  • 同じようなメニューで飽きないようにちょい足しアイテムが必要

ローリングストックするときは、備蓄食料を揃えるだけでなく献立も一緒に考えてみると、何が足りないかがリアルにわかります。
実際に3食×1週間分のメニューを書き出すと、「いくらパスタ好きでも何日も続いたら飽きそう」「カップ麺だけだと量が足りない」など、色々な気づきがありました。

災害時だけでなく、日常でも月に一度レトルトデーを決めてシミュレーションしてみるのもおすすめです。

次はローリングストックを上手に続けるコツを検証する予定です!

▼興味を持ったらこちらの記事へ!▼

もっと読む
ローリングストック実例のアイキャッチ画像
やっぱり向いてない!?我が家のローリングストック実践例

「いつ起こるかわからない災害に備えて、普段からローリングストックしよう!」 防災関係でよく見かけるフレーズです。 「いつもしも」でも、ローリングストックの必要性を記事にしてきました。 でも、我が家がロ ...

続きを見る

「知っている」から「やってみる」防災へ

正しい知識や情報も大切ですが、いざというとき使えるように、「やってみる」ことが重要です。
とはいえ、ただでさえ忙しい毎日に「やってみる」のは億劫だな…と思うママもいることでしょう。(その気持ちは大いにわかります!

そんなママのために、いつもしもスタッフが実際に検証して気づいたことをまとめてみました。
まずはそれぞれの記事を読んでみるだけでも、「自分だったらこうしたい」ことが想像できると思います。

そんな一歩を踏み出すお手伝いができるよう、これからも「実際にやってみる」ことをモットーに、役立つ防災情報を発信していきます!

あとで読む

この記事は役立ちましたか?

  • この記事を書いた人
えるふ

えるふ

いつもしも編集部所属。一男一女の母です。週末は必ず鍋かしゃぶしゃぶをするので、ガスコンロを使うのは得意!(誇れるのはそれだけ…)苦手なアプリやSNSも活用して、日常に備えを取り入れていきたいです。

2020年6月12日

© 2020 いつもしも