台風への備えまとめ~日常から直撃後まで、子どもを守る防災対策

あとで読む
台風まとめアイキャッチ

近年、台風やゲリラ豪雨による風水害が増加しています。

ニュースを見て「備えなきゃ!」と思っても、具体的にどんなことをすればいいのか迷ってしまいますよね。

時間がかかりそうだから…と後回しにしているうちに、住んでいる地域に台風直撃の予報が出たら…?

2019年に発生した台風19号の直前、各地のスーパーやホームセンターでパニック買いが発生したことが記憶に新しい方も多いでしょう。

急いで防災グッズや非常食を備えようと思っても、すでにお店に人が殺到しているかもしれません。

いざ直撃予報が出ても落ち着いて備えられるよう、今からはじめられる防災対策をまとめました。

台風に備える!防災の4ステップ

考える女の子台風は、事前に発生とだいたいの進路がわかります。
気象庁から警戒レベルのお知らせもあるので、地震と比べるとある程度の時間的余裕がありますよね。

かと言って、予報が出たあとの数日間で一気に備えを整えるのは至難の業。

いざというときに困らないために、普段から防災を心がけておくことが大切です。

さらに、台風の直前にも、窓ガラスの補強や土のう・水のうの設置など、状況に応じた対策が必要になってきます。

このように、台風への備えは段階別に分けて考えるとわかりやすいでしょう。

  1. 普段の備え
    通年しておく基本的な防災。地震などと共通
  2. シーズン前の見直し
    防災を夏仕様にするとともに、家の設備を早めに点検
  3. 予報が出てからの対策
    窓やトイレ、バッテリーなどの緊急対策
  4. 通過後の二次災害・三次災害を防ぐ
    片付け時のケガや感染症対策

各段階でするべきことについて、詳しく見ていきましょう。

台風にも地震にも備える、きほんの防災

基本の備え防災といえば、まず大地震を想定する人も多いでしょう。
地震への備えのほとんどは、台風の備えに転用できます。

2020年、新型コロナウイルス感染症関連で買い占めが起きた際も、防災用の備蓄が役立ったという声が多く聞かれました。

まずは、さまざまな災害に対応できる基本的な備えをご紹介します。

防災グッズを揃える

自宅付近で河川の氾濫や土砂災害のリスクがある場合、防災リュックと避難用の身支度(1次の備え)は最優先で整えておきましょう。

雨の中子どもを連れて避難するのは簡単なことではないですし、特に土砂災害の場合はスピードが重要ですので、できるだけ荷物を軽くしておくことがポイントです。

「具体的に何を持ち出せばいいの?」という方向けに、いつもしもおすすめのグッズリストをご紹介します。(タップで開きます)

1次の備えリスト

1次の備え_身に着けるものリスト

1次の備え_メインリスト

1次の備え_夏袋冬袋リスト

選んだ理由や備え方については、こちらの記事で詳しくまとめています。

関連記事
非常持出袋
急いで避難!その時絶対に必要なものは?防災グッズリスト

「避難勧告」「避難指示」が出た! 自宅から避難しなければならないその時、あなたはどんなものを身に着けて、何を持って逃げますか? この時持ち出すのが「1次の備え」、「非常持出袋」と呼ばれるものです。いつ ...

続きを見る

また、水害の心配が少ない地域でも、停電断水が長引いたり、物流が滞るケースも。

当面の不便な生活を乗り切るための備蓄も必要です。

量の目安としては、1週間分程度になります。

2次の備えリスト

2次の備え_メインリスト1

2次の備え_メインリスト2

どちらのリストもかなり大量に感じられますが、よく見ると普段から使っているものや、100均で気軽に買えるものも多いですよ。

防災グッズをこれから揃えるという方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

関連記事
手をつないで歩く母子
備えの基本!防災グッズを用意する前に最低限知っておきたいこと

地震や台風が来るたびに、備え大事!防災グッズを揃えよう!と思いますよね。 けれど、ただやみくもに備えるだけでは、せっかくの備えが無駄になってしまうこともあります。 まず、備えには「段階」があることを理 ...

続きを見る

memo

上記は家に置いておく用のグッズですが、にも備えがあると安心です。
中でも浸水時に窓から脱出できるウインドウクラッシャーはマスト!
防災グッズや非常食(高温に強いもの)を積んでおいてもいいですね。

1週間分の非常食を備える

非常食は、最低限3日分~できれば1週間分、家族全員の食事を備えておきます。

台風前にはよくカップ麺や菓子パンが売り切れますが、手軽さだけではなく、栄養面も重視したいところ。

空っぽのスーパーの棚

最近の非常食は多様化していますので、家族の年齢や好みに合ったものをバランスよく選びましょう。

何をどれだけ買えばいいかわからない方は、電気・ガスを使わないという条件で1週間分の献立を考えてみるとわかりやすいですよ。

非常食の基本はこちらの記事で解説しています。

関連記事
備蓄食料-アイキャッチ
非常食と備蓄食料の違いは? どちらもストックして「想定外」に備えよう

非常食について調べていると、非常食のほかにも防災食、保存食、備蓄食料など、様々なワードがヒットして混乱しがちです。 具体的にどんな状況で使うのかわからない、用途や種類が沢山あって選べないと、つい後回し ...

続きを見る

食べ物や日用品はローリングストックが◎

長期保存用の非常食だけではなく、いつものごはんも立派な防災に。

常温保存できるものや賞味期限の長いもの、家族の好物などは、切らさないように備蓄しておきましょう。

ローリングストックなら、生活の延長で気軽に備蓄することができます。

ローリングストック図

いつもの分+1週間分の食材をすべて管理するのは大変なので、非常食と組み合わせて備えるのがおすすめです。

関連記事
ローリングストックって何?賢く活用して非常食の賞味期限切れを防ごう

非常食や防災グッズについて調べていると、ローリングストックという言葉をよく目にします。 従来の備えっぱなしとは異なる新しい防災の形なのですが、実際どうすればいいのかわからない方も多いのではないでしょう ...

続きを見る

災害時は食べ物だけではなく、日用品の流通も滞ります。

トイレットペーパーやウェットティッシュなど、ないと困る日用品も同様にストックが必要です。

特におむつなどの赤ちゃん用品は支援が遅れがちで、届いてもぴったりのサイズやメーカーのものがないこともありますので、余裕をもって備えておきましょう。

関連記事
日用品ローリングストック
日用品もローリングストック!防災グッズだけじゃない日常の備えリスト

いつも食べているものや日用品をローリングストックしておくことで、「もしも」の時も「いつも」に近い生活を送ることができます。 トイレットペーパーは被災時でも必需品ですし、ラップや新聞紙など、いつも使って ...

続きを見る

危険な場所や避難経路を確認

モノだけではなく、情報の備えも大切です。

住んでいる地域のハザードマップを確認し、避難所まで安全に行ける道のりを書き込んでおきましょう。

関連記事
ハザードマップと避難場所シール
ハザードマップの取説~ハザードマップとはなにか、活用法まで徹底解説!

災害警報が出るたびにニュースなどで耳にする「お住まいの地域のハザードマップを確認して、安全な場所に避難してください」というフレーズ。 地域の役所などから配布されて、ちらっと見たことはある気がするけれど ...

続きを見る

公的機関のSNSアプリなどで、信頼できる情報をすぐにキャッチできる状態にしておくことも大切です。

防災は季節ごとに見直しを!台風シーズンのチェックポイント

あじさい防災は備えて終わりではなく、定期的に見直すことが大切です。

3月11日と9月1日(防災の日)に見直すようにすると、ちょうど半年に一度になり、各種メディアで防災特集が増えるので忘れにくいです。

さらに6月~7月にも、「プチ見直し」をするのがおすすめ!

この時期は、台風や豪雨への対策と、停電中の暑さ対策を意識した見直しをおこないます。

余裕があれば、下記の全体的な見直しもしておきます。(タップで画像が開きます)

見直しチェックリスト

防災グッズと備蓄も夏仕様に衣替え

防災リュックには、通気性の良い着替えやタオルを増やしたり、ハンディ扇風機などの暑さ対策グッズを追加しましょう。

冬用の防災グッズが入っていれば取り出しておきます(季節ものはあらかじめ袋にまとめておくと作業がラクです)。

備蓄には、熱中症対策になる食材や飲み物を追加してもいいですね。

関連記事
夏の防災グッズ
夏に備えたいおすすめ防災グッズ!停電中でも使える暑さ対策グッズって?

年々厳しくなる暑さの中、もし停電してクーラーや扇風機が使えなくなったら…? 在宅避難でもそのしんどさは容易に想像できますが、避難所となる体育館は、さらに熱がこもりやすい環境です。 備えたら放置しがちな ...

続きを見る

2019年の台風19号直前には、窓を補強するための養生テープガムテープが各所で品切れになる事態も発生しました。

避難生活で使うグッズだけではなく、家を守るためのグッズも忘れず確認しておきましょう。

家と周辺の設備をチェック

台風直前になると修理業者が混み合うおそれがありますので、シーズンになった時点で早めに家を点検しておくのがおすすめです。

具体的には、以下のような箇所をチェックします。

  • 雨漏り
  • 窓ガラスのヒビや欠け
  • ドアの隙間
  • 排水口や側溝の詰まり
  • 屋根の破損
  • ガレージの隙間・破損
  • 固定されていない室外機やガスボンベ

ヒビや破損が見つかったら、早めに修理業者に依頼しておきましょう。

室外機やプロパンのガスボンベは、ワイヤーやチェーンなどで固定しておきます。

避難のシミュレーションをしておく

子どもの年齢や家族の状況変化によって、前の年と適切な対応方法が違っているかもしれません。

どこに・どう避難するのか、何を持っていくのかなど、あらためて考えておきましょう。

2020年現在、新型コロナウイルス対策として分散避難も推奨されています。

コロナ対策だけではなく、赤ちゃんや小さなお子さんを避難所に連れて行くのが心配なママにとっても、ぜひ検討しておきたい選択肢です。

親戚・知人宅やホテルなど、一時的に身を寄せられる場所の見当もつけておきましょう。

台風が近づいたらやっておくべき防災対策

てるてる坊主備えは万全。そしていざ、自分の住んでいる地域に台風直撃の予報が出たら?

防災グッズや備蓄の用意が十分でも、暴風雨に備えてやっておくべきタスクがいくつかあります。

以下の記事で詳しく解説していますが、ここでもダイジェストでご紹介します。

関連記事
天気予報
「3日後に台風直撃確実」と予報が出たら~台風襲来までの“備えリスト”

先週から気にしていた大型台風発生のニュース。 数日でぐんぐん日本列島に近づいてきていて、進路予想を見ると、2,3日後には我が家のある地域を直撃するのはまず間違いない……。 ここ数年、大きな台風や大雨の ...

続きを見る

大雨・暴風への対策

風雨から家を守るため、以下の対策をおこないます。

  • 窓ガラスの補強(ダンボールなど)
  • ドアのすきまを塞ぐ(土のう・水のう・タオルなど)
  • 雨どい、側溝、ベランダの排水口などの掃除
  • 外に置いているものをしまう
  • しまえないものはしっかり固定
  • は避難orフロントガラスが壁に向くように停める
  • ガレージに土のう・水のうを設置
  • 1階のトイレ・風呂場に水のうを設置

水のうは、二重のゴミ袋に水道水を入れた簡易的なもので十分です。

トイレに設置すると、その間は必然的に簡易トイレで用を足すことになりますから、できれば避けたいですよね…。

ただ、トイレから「ボコボコ」と水音がしたときは逆流してくる可能性がありますので、そのときは思い切って設置してしまいましょう。

停電・断水への対策

直接的な被害がなくても、停電や断水によって不便な生活を強いられることがあります。
家の備えとあわせて、以下のような対策も必要です。

  • 各部屋・廊下に明かりを設置
  • スマホや充電式家電、バッテリーなどをフル充電
  • スマホを節電設定にする
  • ラジオをリビングに置いておく
  • 容器や鍋、浴槽に水をためておく
  • 前日は家族全員入浴しておく
  • 保冷剤やペットボトルを凍らせる
  • 必要に応じて炊飯お湯の用意をしておく
  • 持病のある子は受診しておく

停電や断水は、長期化する可能性もあります。
2019年の台風15号では、千葉県で約2週間もの長期停電が発生しました。

防災グッズを揃えていればある程度乗り切ることはできますが、不安な方は、家電にも使える大容量のバッテリーを備えておくと安心です。

関連記事
スマホの充電
災害グッズ「なくて困った」1位は充電器!いま入手すべき災害用充電グッズを考える

現代人にとってスマホは「命」とも言えますが、災害時にはスマホの重要性はさらに高くなります。 実際に被災した方の「あってよかった」「なくて困った」と感じたグッズの1位はスマホ充電器だそうです。 いま買う ...

続きを見る

当日、すぐに避難できる準備

台風直撃の当日は、警報の発令をすぐにキャッチできるよう気を配りましょう。警戒レベル

「要配慮者」である子連れの場合、警戒レベル3で避難が必要ですので、警戒レベル2が発令された時点で以下の準備をしておきます。

※警戒レベルにかかわらず、不安を感じたら早めに避難することをおすすめします。

  • 防災リュックを出しておく
  • レインコート、ヘルメットなどの身支度を整える
  • ブレーカーを落とし、ガスの元栓を閉める
  • 戸締まりをする

なお、全員避難=絶対に避難しなければいけない、というわけではありません。

避難勧告が発令された地域でも、水害や土砂災害の危険がないのであれば、必ずしも避難所に行く必要はありません。

また、すでに水が大人のふくらはぎまで迫っていたり、日が落ちて真っ暗になっている場合、子連れで外に出るのは逆に危険になることも。

もしそうなってしまったら無理をせず、建物の上階に垂直避難しましょう。

避難する場合は、次のことに気をつけてください。

台風避難の服装(文字なし)

  • 傘はささずに、杖として使う
  • 長靴よりもスニーカー(できれば厚底)
  • 忘れずに頭を保護(自転車用ヘルメット、厚手の帽子)
  • ベビーカーは置いていく
  • 子どもとしっかり手をつなぐ
  • 道の真ん中を歩く

詳しい注意点はこちらの記事にまとめていますので、もし避難する可能性が高い場合は事前に読んでおくことをおすすめします。

関連記事
台風で避難?判断方法と注意点
台風襲来!ママと子どものための避難行動マニュアル

近年、台風や豪雨などによる大規模で深刻な風水害が頻繁に起こっています。 とくに過去30年の平均で、年間約26個も発生するという台風は、毎年のように全国各地に強風や大雨による大規模な被害をもたらしていま ...

続きを見る

もし台風の被災者になったら?いま知っておきたいこと

カーテンを開ける子供台風が過ぎ去ったあとも、生活は続いていきます。

避難所から家に戻り、荒れた自宅を見て途方に暮れてしまうかもしれません。

慣れない状況では判断力が鈍るため、知らず知らずのうちに危険をおかしてしまったり、受けられる支援をスルーしてしまう可能性もあります。

そうならないために、事前に大まかな知識をつけておくことをおすすめします。

受けられる支援は活用しよう

自宅に帰って安全の確認が取れたら、一刻も早くもとの生活に戻りたくなるでしょう。

ですが、まずするべきことは、家の内外の写真撮影です。

役所に罹災証明書を請求する際、被害の程度を決める参考になりますので、必ず片付けの前に撮る必要があるのです。

罹災証明書を取得することで、さまざまな公的支援の申請ができるようになります。

金銭的な支援はもちろん、子どもの学用品などの給与もありますので、受けられる支援は遠慮せず活用しましょう。

被災後の支援については、こちらの記事でまとめています。

関連記事
支援の手
被災時に個人が受けられる支援とは?その内容と申請方法

どんなに防災意識が高く、日ごろから備蓄や防災対策を行っていた人も、実際に災害によって甚大な被害を受けると、冷静ではいられません。 災害によって今までの暮らしが一変し、これからどうやって生活すればよいの ...

続きを見る

子どもに片付けをさせないで!大人も十分な準備が必要

水害後の片付けは、ケガや感染症の危険をともないます。

猫の手も借りたくなる状況ですが、些細なケガでも重症になる可能性がありますので、子どもには手伝わせないようにしましょう。

大人でも、防塵マスクゴム手袋長靴など、厳重な装備で臨む必要があります。

家族や身内だけでは非常に困難な作業になりますので、ボランティアや行政の手を借りつつ、無理なく進めていきましょう。

詳しい掃除方法については、こちらの記事で解説しています。

関連記事
掃除するてるてる坊主
水害後の掃除ポイントは「しっかり身支度」と「自分たちだけで抱え込まない」こと!

台風や大雨、ゲリラ豪雨、津波などによる水害後の掃除・片づけは、想像以上に大変です。 私も2019年の台風19号(東日本台風)で経験しましたが、気の遠くなるような作業でした…。 台風への備えをしっかりし ...

続きを見る

まとめ:防災はムダにならない!台風を正しく恐れて備えよう

台風による災害は、事前に発生情報があるとはいえ、たった数日で十分に備えることはできません。

必要なのは日々の備えと、その場の判断力です。

「大げさだ」「なんとかなる」なんて声が聞こえてくるかもしれませんが、気にする必要はナシ!

私達が住むのは災害大国日本。たとえ台風が来なくても、その備えは今後も活きます。

空振り上等でしっかり備えて、大切な家族を守りましょう。

あとで読む

この記事は役立ちましたか?

  • この記事を書いた人
いつもしも編集部

いつもしも編集部

ママ目線の防災情報を発信していきます。

2020年7月10日

© 2020 いつもしも